町田市の出張写真撮影

町田市の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 町田市

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは町田市でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 カメラマン

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 カメラマン 依頼

 

≪地域情報≫

出張 写真 町田市

町田市(まちだし)は、日本の東京都の多摩地域南部にある市である。東京都特別区部への通勤率は22.1%(平成22年国勢調査)。

 

●町田市の概要
多摩川以南に位置する商業都市で、人口は東京都内では東京23区・八王子市に次いで3番目(市町村では2番目)に多い。東京都に位置する自治体としては島嶼地域を除くと最南部に位置する。国道246号・東名高速道路(東急田園都市線・小田急線)と国道16号(横浜線)が交差する地域。

 

1960年代以降ベッドタウンとして発達したが、依然市内各所で農業が行われている。バブル経済期以後には、東京都区部からの私立大学の転入が進み、市内には現在も私立大学や一貫校が点在するなど、「青年の街」の色も見られる。日本で唯一、3つの政令指定都市(横浜市・川崎市・相模原市)に接している自治体でもある。

 

●町域
・堺地域
相原町、小山ヶ丘、小山町

 

・忠生地域 (ただお)
小山田桜台、上小山田町、木曽町、木曽西、木曽東、下小山田町、図師町、忠生、常盤町、根岸町、根岸、矢部町、山崎一丁目、山崎町

 

・鶴川地域
大蔵町、小野路町、金井、金井町、真光寺、真光寺町、鶴川、能ヶ谷、野津田町、広袴、広袴町、三輪町、三輪緑山、薬師台

 

・町田地域
旭町、玉川学園、中町、原町田、本町田、南大谷、森野

 

・南地域
小川、金森、金森東、ヶ坂、つくし野、鶴間、鶴間、成瀬、成瀬が丘、成瀬台、東玉川学園、南つくし野、南成瀬

 

●市域の変遷
町田市は市制施行以後、隣接自治体との境界変更を数度実施している。特に相模原市とは境川の河川改修によって生じた「川向こうの飛地」解消のため、これまで3度以上の境界変更を行った。
1973年12月1日 多摩市と多摩ニュータウン区域界を境に境界変更。
・町田市小野路町、上小山田町および下小山田町の一部が多摩市に編入され、また多摩市落合の一部が町田市に編入となった。
・多摩市に編入になった部分は多摩市永山、貝取、豊ヶ丘、落合、鶴牧、唐木田、南野のそれぞれ一部となっている。多摩市南野は(多摩市の南+小野路から)ということで名づけられた。
1985年2月1日 神奈川県大和市と境界の一部を変更。
・町田市金森、鶴間のそれぞれ一部が大和市に、大和市下鶴間の一部が町田市に編入される。
1999年12月1日 神奈川県相模原市、大和市と境界の一部を変更。
・町田市金森の一部が相模原市と大和市に、相模原市上鶴間の一部が町田市に編入される。
2004年3月1日 八王子市と境界の一部を変更。
・町田市相原町、小山町のそれぞれ一部が八王子市に、八王子市鑓水、南大沢のそれぞれ一部が町田市に編入される。
2004年12月1日 相模原市と境界の一部を変更。
・町田市原町田、森野、金森のそれぞれ一部が相模原市に、相模原市上鶴間、鵜野森、古淵のそれぞれ一部が町田市に編入される。
2007年12月1日 相模原市と境界の一部を変更。
・町田市森野、木曽町のそれぞれ一部が相模原市に、相模原市上鶴間本町の一部が町田市に編入される。
2010年12月1日 相模原市と境界の一部を変更。

 

●地形
市域の大部分が多摩丘陵に属し、地形的には同丘陵の北部、相模原台地の北東の縁であり、ほとんどが丘陵地帯である。最高地点は西端にある草戸山(標高364m)。平地は町田駅付近や西および南を流れる境川・ほぼ中央を流れる鶴見川とその支流恩田川近辺など少ない。東京都側から神奈川県側に突出したような形になっている。

 

●観光
・自然
大戸地区(城山湖方面)
尾根緑道(桜の名所、かつての戦車道路)
七国山
玉川学園地区
特産品・名産品
市内の薬師池公園及び円林寺に、大賀ハスの蓮田があることから、蓮や薬師池にちなんだ商品が多い。
豚肉、及び豚肉等を加工した食品
果実(メロン、イチゴ、禅寺丸柿)
酒類(柿ワイン、日本酒、焼酎等)
主に酒造に使用される米、醤油等の調味料
絹糸(江戸時代以前から、市内を「絹の道」が通っていた名残り)
やくし団子
シクラメン
薬師池の大賀ハスを使用したもの(最中、饅頭、酒その他)

牛乳(明治時代、横浜居住の外国人向けの牛乳生産を行ったことに由来。戦後、東京への牛乳供給地として立地する。現在、相原・小山地区の酪農家による農事組合法人「東京みるく工房ピュア」が乳製品、イタリアンジェラートの販売を行っている。また、東京発地産地消牛乳「東京牛乳」の原乳生産も行っている。)
小山田ミツバ(丘陵地の斜面に掘った横穴を使ったミツバの促成栽培)
など
なお、これら名産品の一部は、小田急町田駅西口にある市関連名産品店「まちだ名産品の店 心和」、原町田中央通り沿いの「町田ツーリストギャラリー(ぽっぽ町田1階)」、町田市役所内のコンビニ「生活彩家」などで購入することができる。

 

●祭事・催事
町田さくらまつり(3月下旬から4月上旬)
尾根緑道(下小山田町・常盤町)・芹ヶ谷公園(原町田)・恩田川(南成瀬・成瀬)をメイン会場とし、様々な催しが行われる。
フェスタまちだ(9月)
町田駅周辺各所(原町田大通り他)にて開催。エイサーを中心とした祭りである。
町田エコフェスタ(10月)
町田リサイクル文化センター(下小山田町)にて開催。
町田オクトーバーフェスト(10月)
町田シバヒロ(中町、旧市役所跡地)にて開催。ドイツビールを中心とした祭りである。2014年から行われている。
町田大道芸(10月)
町田駅周辺各所(カリヨン広場他)にて開催。
町田時代祭り(10月)
芹ヶ谷公園(原町田)にて開催。時代行列・流鏑馬・砲術演武などを披露する祭りである。
キラリ☆まちだ祭(11月)
町田駅周辺各所(原町田大通り他)にて開催。よさこい踊りや地域農産物を中心とした祭りである。2009年まで小田急百貨店町田店屋上ほかにて毎年10月に開催されていた「町田市産業祭」と野津田公園で行われていた町田市農業祭「太陽と緑のまつり」を統合する形で、2010年に「まちだ産業観光まつり」の名称で開催され、2011年から現在の名称で行われている。
町田ラーメン祭(11月)

町田シバヒロ(中町、旧市役所跡地)にて開催。初開催となった2014年は10月に行われた。
町田市こどもマラソン大会(12月)
町田市立陸上競技場(野津田競技場)にて開催。